読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥様は通信大学生

慶應通信学生rachel の日々を綴ります

科目試験1日目終了

1日目の試験を受けた皆さま、お疲れ様です。

私は本日B群1科目でした。

 

地元で受験する時は、試験会場近くの喫茶店に行き、最後のあがきをするのが恒例です。今日もいつも通り店に入り、軽めの昼食を取りながら、テキスト読みをしました。

3年分の過去問を調べたら、お題となる人物にかぶりが全くありません。

これに気づいたの昨日(^^;

そこで、まだ出題されていない人物の項目だけを読んだのですが、語句の意味が難しいので、さっぱり分からずじまい(>_<)

 

試験は予想通り、今までに登場していないところで、試験が始まるほんの少し前に読んだところだったけど、「そんな言葉初めて聞いたよ!?」と思ったのだ。

なので、意味は分からないまま、持ち込んだテキストをただ写すだけで終わりました。こんなんで単位もらえるのかしら?

 

さて喫茶店に行くことと、もう一つ試験前に必ずすることがあります。

それは頭痛薬を飲むこと。

なぜか試験会場に入って席に着くと、頭が痛いような気分になります。

なので、必ず飲みます。

頭痛薬ですが、私は魔法の薬と呼んでいます(^^♪

 

もう一日頑張ろう!

 


にほんブログ村

コメントついていました、社会学史Ⅰレポ

社会学史Ⅰのレポートが返送されました。

 

開封後、いきなり私のアホさく裂!

あれ?あの先生じゃない?

社会学と言えば学生に大人気のあの先生、と思い込んでいた私。

社会学ったって、いろいろ専門があるんだよと、自分にツッコミ入れときました(^^;

私のレポートを読んでくださったのは、社会学史がご専門の先生でした。

(お名前がはっきり書かれていたので、教員のページで調べちゃったよ)

 

赤ペン先生の講評ですが、今までで一番良い感じです(^^)v

いつもは参考図書をよく読んでいるとかの言葉の後に、必ず「ただし・・・」とダメだしが書かれているのですが、今回はダメだしなしで、着眼点が鋭いというような内容のコメントを書いてくださっていました。

着眼点って!それしか浮かばなかったんだよ~(^^;

 

やはりレポートの合否は、拙い自分の考えを援護射撃してくれる、良い参考文献との出会いにかかっているなと思います。

 

お題がデュルケムの自殺論だったから、しんどかったっす!

再びはイヤだったので、ほんと良かった(^^♪

 


にほんブログ村

今度は何度見ても合格

倫理学のレポートより2週間も前に提出していたのに、

結果が出ないのでやきもきしていた社会学Ⅰの合否が出ました。

 

今回はタイトル通り、合格!何度見ても2文字。

 

レポートを書いている途中、選んだレポ課題に関する大きな社会問題が起こり、

そのことをレポートにどう取り込むか、もしくは知らぬふりで書かないか、

あれこれ悩んでなかなか書きあがりませんでした。

なので、心配してたんだよね~。

赤ペン先生、何かコメントしてくれているかしら?

 

学校からの荷物が届いたので、大阪の週スクと夜スクに関する情報を確認しました。

こりゃあ、困った(>_<)

今年はEスクもはずれたし、スク運に恵まれていないのかも。

 

新しいレポ課題、前年のものより書きやすいかなぁと思えるものもあったので、

これは私には朗報でした(^^♪

 


にほんブログ村