読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥様は通信大学生

慶應通信学生rachel の日々を綴ります

レポートの書き方を学ぶ

レポート

私は学士入学ですが、前の大学でレポートを書いたことがありません。

一つもです。

試験は化学式を書きなさいみたいなもので、レポート課題はありませんでした。

卒業のための論文なども書いておらず、4年の時に研究室に入り、

教授・助教授(当時の呼び方)がしている実験の手伝いをし、データを取り、

それを纏めたものを研究室内で発表して終わりでした。

 

なのでレポートを書くのは初めてです。

当然書き方を知りません。

まずは先輩ブロガーの多くが読まれている『レポート・論文の書き方入門』を

読みました。その他初めてレポートを書く人のための入門書を数冊読んだのですが、

書式や資料検索の仕方は分かったものの、書くまでに至る道筋の見つけ方が

分かりません(>_<)

このままじゃ【レポートを出して試験を受ける資格を得る】ということもできない!

 

今の私を助けてくれる本はないかと本屋で探しまくったら、ありました。

 

レポートの組み立て方 (ちくまライブラリー)

レポートの組み立て方 (ちくまライブラリー)

 

 事実と意見の違いや主題を決めるための問題点の探し方、構成案の作り方などが、

例をあげて書かれています。

この本のおかげで、少しレポートを書くことのイメージができてきました。

 

慶應通信の受験を考えた時、合格してもレポートで相当苦労するだろうなと

思っていました。それはレポートが不合格で返却され、何度も再提出になるだろうと

考えたからです。でも、そこまでも行けないかも?

あ~、この恐怖から早く抜けだしたいよ。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村