奥様は通信大学生

慶應通信学生rachel の日々を綴ります

自分が書いたレポートを恨む

Previously on 『奥様は通信学生』

 

海外ドラマ風にかっこよく始めたかったのですが、on の後ろをどう書いていいか分からなかったです(^^;

 

さて科目試験の振り返りに戻ります。

近世英文学史の問題を見て、「やった~!」と思った私。

2問中1問はレポートを書く時にやったところだったからです。

これは持ち込んだレポートを写せばいいので、1問目に集中と思ったのですが、

この1問目が私には難しかったのです。肝は2つの用語なのですが、1つが分からず、

持ち込んだ本や電子辞書を調べても解答用紙に書けることが何も見つからない。

あっちの本、こっちの本と探すのにどんどん時間を取られ、結局20分間何も書けないまま過ぎてしまった(>_<) やっとこさ無理やりこじつけて5行ほど書いたら、残り10分。

2問目は自分が書いたレポートを写すだけ。

良かった良かったと、レポートをつかんで該当部分を写そうとした時、

愕然としました(~_~;)

 

なに、この内容の薄さ?!!!

 

レポートに書いたことを解答用紙に書き写したら、書くことが見つからないと焦りまくった1問目より書けてないという、トホホな状況。

心の中で、どれほど自分を罵ったことか。

 

誰や、こんな中身のないレポート書いたん?責任者出てこい!

 

先輩がしてくれたアドバイス、全く活かせてないじゃんか。

どこに何が書いてあるか分かるようにしておいた方がいいって書いてくれてたよ!

 

テキストに載っている課題と過去問をやっていたら、何とか合格はできる科目だと思います。今回私は課題を全部やりきることができていません。

それは課題をやりきるには、かなりの時間がかかるということが、分かっていなかったからです。今のやり方では、4月の試験の振り返りで、また今と同じことを書く羽目になるので、ノートの作り方の関して、何か工夫が必要だなと感じています。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村