読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥様は通信大学生

慶應通信学生rachel の日々を綴ります

史のつく科目は手強いのか?

昨日慶友会の例会に初めて出席しました。

参加者の皆さまのお話を聞き思ったことは、慶應通信相当に厳しいなということ。

ただ一方で、着実に卒業へ向け進まれている方がいることもハッキリとわかりました。

今後はできるだけ参加し、学びを続けていく上での励みにしたいと思います。

 

さて例会では、再レポや再試験の話が出ました。

その中でお一人の方が、苦戦されている科目のことを話されました。

後になって、別の学部の方も苦戦されている科目のことを話されたのですが、

その時に史のつく科目(つまり歴史系)は学部に関係なく難しいのかなというような

内容のことを話されました。

学部ごとに分かれて意見交換をした時も、同じような話になり、私が話を聞いた方は、まだ歴史科目を履修していないとのことでした。

 

で、自分のことを振り返ってみると、いちばん最初に書いたレポが近世英文学

次が西洋概説Ⅱ、そしていま書いているのが新西洋概説Ⅰ、全部がつくぞ!

もしかして、私やらかしてしまったんじゃないのか~(>_<)

 

もっと早くに例会に参加しておくべきだったと思ったrachelでした。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村