奥様は通信大学生

慶應通信学生rachel の日々を綴ります

Eスク英語学のレポートで朝からあたふたする

Eスク英語学のレポート提出期限が迫っています。

レポのための材料探しという口実で、海外ドラマばかり観ていてはいけません!

昨夜ようやくタイトルと出だしの数行を書き、今朝早起きをして続きに取りかかろうとしました。

 

書き始めてすぐに問題が起こりました。

ワードでcan't や that's など、アポストロフィーを打つと、can'  tthat'  s のように隙間ができてしまうのです。

あれこれやってみたり、ググッて調べたりしても、解決しません。

そうこうするうちに旦那が起きてきたので、淡い期待をこめて質問したところ、画面を見た旦那は、「別にこれでいいんちゃうん」と言いました。

「いいことないねん!おかしいやん」と私が返すと、「グーグル先生に訊いたら教えてくれるで」と言うではないか!

 

こら、B-O-K-E!朝からぬるいこと言うとったら、S-H-I-B-A-K-U-Z-O(`^´)ブリブリ

 

Eスク英語学では、上記のようなことも習います。

関西弁で怒る方法ではございませんよ、言葉をあえて分かりにくく発話する場合もあるということをです(^^♪

rachelは奥様ですので、子供に聞かせてはいけないような言葉は、上記のような発話方法を取ります。←ジョークやで(^_-)

 

さてこんなピンチの時に頼れるのは学友です。朝食前に学友に助けてメールを送信。

職場に着くころには、アドバイスが3つも書かれた返信が届いていました。

業務終了後アドバイスのひとつだったフォントの変更を試したら、あっさり解決。

レポートも7割くらいまで書き終えました。本当に助かった!ありがとう<(_ _*)>

 

ここで質問。

ひとつのレポートで英語文と日本語文の両方を使うような時、書体が混じってもいいのかな?

皆さま、どうされていますか?

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村