読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥様は通信大学生

慶應通信学生rachel の日々を綴ります

英語だけが外国語じゃない!

book いろんな想い

今回の試験で英語を受けた方、多いんじゃないかな。

慶應通信の英語は難しい」とあちこちで脅かされた新入生の中には、

実際に受けてみて、「な~んだ、そうでもない!」と思われた方もいると思います。

そして「やっぱり聞いたとおり難しかった。英語やだ~!」と思われた方もいるよね。

 

今回Eスクの英語学と英語Ⅲという英語関連が2科目重なった私は、「もう英語なんていや~!」と、なっていました。

そんな時に読んだ本がこれ。

私と同じように「英語の勉強やだ~!」と思った方に、お薦めです。

 

外国語をはじめる前に (ちくまプリマー新書)

外国語をはじめる前に (ちくまプリマー新書)

 

 

この本は慶應通信を始める前、志願書用に読んだ本です。

(実際には別の本で書きました)

この本がユニークな点は、外国語学部の学生さんのレポートが載っているところ。

学ぶ言語によって悩みどころが違ったり、言語は違っても同じような悩みを持っていたり、母語以外の語を学ぶ大変さと面白さが、レポートから伝わってきます。

 

黒田氏の著書は、外国語を学ぶことを言語学とからめて書かれたものが多く、英語だけでなく様々な言語に興味を持ってもらいたいと書いています。

 

さて慶應通信英語の試験が難しく、「英語なんていや~!」と思ったあなた、この記事のタイトルを3回音読してみましょう!

何か妙案が浮かぶかも(^^)v

 

「大学生のレポートって、こんな楽しいこと書いていいんだぁ」と、この本を読んで思っていた私が、慶應通信のレポート課題を見て打ちのめされたのは、また別の話(>_<)

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村