読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥様は通信大学生

慶應通信学生rachel の日々を綴ります

夏スク3期Day5 答案の分量

昨日一日休みだったのに、今日が一番眠たかったです(^^;

昨日の休みでいったん緊張の糸が切れたのかな。

ホテル泊まりはしていても、オリンピックみたり、友達や学友と飲んだりと、勉学一筋とは程遠い時間を過ごしているのに、気は張っていたのかもしれませんね。

 

フランス文学

今日も個別のベルギー人作家についての授業でした。

多くの方が『青い鳥』の作者、メーテルリンクとして知っているモーリス・マーテルランクのことも出てきましたよ。

彼が戯曲家として優れた作品を残しているって、知っていますか?

私は、知らなかったです。

先生が、フランス文学に限らず「知ってるかなぁ?」と訊かれることのほとんどを知らない私。なんだか申し訳ない気分になっています(^^;

 

【西洋史概説】

アメリカに作られた植民地の歴史について、地域ごとに学んでいます。

初日のスピードが速かったと察した先生は、2日目からペースを落としてくださいました。なので毎回、ちょっとばかし脱線したお話をしてくださいます。

今日は先生のご結婚話が出ました(^^♪

 

【試験について】

2科目ともで同じ質問がでました。

どれくらいの量を書けばいいのか?

 

この質問に対して、フランス文学の先生と西洋史概説の先生が、逆のことを学生に求めておられたので、面白かったです(^^)

 

明日で終わりですね。

試験勉強もですが、荷造りもしなくちゃいけません。

そうだ、帰りの飛行機の時間も確認しとかなきゃ!

 


にほんブログ村