読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥様は通信大学生

慶應通信学生rachel の日々を綴ります

近世英文学史のレポートが返ってきました

レポート 近世英文学史

今日は文学関連の講師派遣に参加しました。

明日も参加するので、講師派遣については明日書くね。

 

さて帰宅すると、ソファの上に近世英文学史の再レポートが置いてありました。

赤ペン先生の講評を確認します。再レポの本文には全く赤ペンなし。

講評欄にコメントが黒ペンで書かれていました。

 

採点してくださった先生にはお会いしたことがないのですが、お写真を拝見した限りでは、とてもソフトな雰囲気の先生です。そして私が持ったその印象に違わず、講評欄にはとても柔かな言葉でコメントが書いてありました。

まず初めに、必ずほめ言葉。

 

最初のレポでは参考文献について褒めてくださっていました。

その後にダメだし1つと+ヒント。結果、不合格。

再レポでは構成のことを褒めてくださいました。その後にダメだし2個+宿題。

ダメだし、増えとるやんか!宿題もあるやん。

結果、コメントの最後にでっかくCを頂戴致しました(>_<)

 


にほんブログ村