奥様は通信大学生

慶應通信学生rachel の日々を綴ります

2018年度4月試験振り返り

皆さま、試験終わって嬉しいよね(^^♪

 

さてまず試験のことを振り返る前に、ひとこと言わせてくださいませ。

 

いまごろ監督変えてどうするんだぁ~!!!

 

14年W杯のザッケローニ監督とはコミュニケーションを取れていたんだろうに、1勝もできずに1次リーグ敗退。

監督とのコミュニケーションが取れないとか、口実だろ!

ロナウドが監督と戦術が合わないとか言うかな?

まずは監督が要求したことやってから言えよ(ー_ー)!!

 

試験勉強もまともにやれてない私が吠えるのもどうかと思いますが、ファンと云うのはそうゆうものですので、お許しを。

 

関係ない話が長くなりましたが、試験を振り返っておきましょう。

 

1日目:倫理学

問題はいつも通りの選択問題でした。

やるべきことは理解して覚えるですが、理解できないまま覚えようとしているので、覚えられません。理解なしに書いてある字だけを覚えるって難しいね。

最後までカントさんとは仲良くなれませんでした(>_<)

 

2日目:放送英語Rとラテン文学

放送英語R、たぶん何とかなったはず(^^)v

 

ラテン文学、捻った問題ではなかったです。

しかしちっちゃいとかとかとかが出てくる作家の名前が覚えられませんでした。

名前を書かなきゃいけないのですが、レイチェルなのか、ミッチェルだったか思い出せず、レイチェルと書いたのをミッチェルに書き直し、またまたレイチェルに書き直して提出したのですが、テキストで確認したら、どっちでもなくユッチェルだったみたいなことになってたよ _| ̄|○ ガクッ

 

試験を受けて思ったこと。

あと3日早くやってたらなぁ・・・。

試験後毎回同じことを思いながら2年半が過ぎてしまった(>_<)

 

皆さま、お疲れがでませんように。

 


にほんブログ村